北九州予備校

北九州予備校とは?

北九州予備校さまは、九州を中心に展開をされている、大手の大学受験予備校です。

寮も充実しており、難関大学の合格率が高いことで知られています。およそ5000名の生徒さまを抱えておられます。

http://www.kitayobi.ac.jp/

当社は、ミカサ商事と協力をし、北九州予備校さまに大規模な授業見返し用のソーシャルキャストを納入しました。

2014年度の運用が終わり、ソーシャルキャストの導入後、

  • ビデオ視聴が4倍(110万回)に
  • 医学部の合格者が20%増に(他の要因は考えづらいとのこと)

となり

  • 非常に操作がしやすく、生徒が視聴しやすい
  • 管理側も手間が少なくサイトが管理できる
  • 必要な機能を追加してもらうことができ、イメージ通りの環境が整えられた

という点を、非常に高い評価をいただいております。

本件は、非常に多くの生徒さまが特定の時間帯(主に自宅学習の時間帯)に一斉に視聴を行うため、負荷対策には非常に気を使いました。

また、視聴できる施設を限るという完全にクローズドな環境を整えました。

以下、具体的なシステムの概要をまとめさせていただきます。

全校(寮含む)の視聴に耐えうるVODシステム

北九州予備校の生徒さんはかなり多数いらっしゃいます。

また、学校は複数あり、九州を中心に散らばっています。

ソーシャルキャストを導入するまでは、DVDにて授業を貸し出すという方式をとっておられました。

これらを踏まえつつ要件としてあがった事項は、

  • 全校の全生徒が同じように利用できるようなものにすること
  • 校舎内、寮外部からの動画視聴をできなくすること
  • システムを分散させず、全校の生徒と動画を1つのシステムで一括管理できるようにすること

主だったものとしては、上記でした。

クラウドサーバー上で大規模かつ冗長構成を構築

まず1つ目の課題は、多数の生徒の視聴に耐え、なおかつ大量の動画コンテンツの保管や配信にたえうるVODシステムの構築でした。

ソーシャルキャストはもともと複数台のサーバーで稼働可能なように設計されており、なおかつAWSにも親和性が高い作りとなっています。

特に今回は全授業の動画をアップロードするため、動画ファイルの量が膨大になります。

そこで、Amazon S3を動画ファイルのストレージに採用し、合わせてEC2の複数インスタンスにシステムを分散させることで負荷に耐えることのできるサーバー構成をとっています。

AWSであればデータセンターからの回線も太いため、多数の生徒が同時視聴を行っても、中央のVODシステムは問題ない環境にすることが可能となりました。

aws

各校舎から全授業の動画がソーシャルキャストにアップロードされる

各校舎内での課題

もう1つの課題は、各校舎内での視聴です。

今回は、校舎(または寮)の中でしか、授業を視聴できない仕組みとなっているため、校舎内に、本システムを利用しての動画視聴専用の無線アクセスポイントを設置いたしました。

ただし、100Mベストエフォート程度のインターネット回線で中央のシステムにつないでも、回線の帯域が足りないため各校舎の生徒さんが不自由なく動画の視聴をすることができません。

そこで、ミカサ商事が中心となり、本システムに最適な回線とアクセスポイント、または視聴用のタブレットを選定し、全校舎に設置、タブレットに関しても視聴設定を行い、大量に納入を行いました。

aws2

全校の生徒が中央システムの動画を一斉に見る

視聴用ハードウェアやインフラ含めた大規模VODシステムに対応が可能です

ミカサ商事の強みであるハードウェアやインフラの選定、大量仕入や納入のノウハウと、ソーシャルキャストが得意とする、VODシステムの構築を組み合わせることで、施設内での利用に限定した大規模な学習用のVODシステムを安価にスピーディに納入することができました。

これらをスケールすればさらに大規模なシステム構築も可能となりますし、逆に1つの美術館内や学校内のみで視聴が可能な、小規模な限定視聴のシステムの構築も可能です。

お問い合わせをいただければ幸いです。

導入プラン・費用を
ご確認いただけます

導入プラン・費用のページ

詳しい資料は
こちらから。

資料のダウンロード

お問い合わせは
お気軽にどうぞ

お問い合わせ