第3回:ニーズはあるけど、それを満たせていない動画コンテンツにはどんなものがある?

By 2016年3月9日 連載記事 No Comments
rensai

前回の第2回では、どんな動画をどんな端末で見たいのか、というところをお話ししました。

今回はもう一歩踏み込んで、「ニーズはあるんだけど、それを満たすことができていない動画コンテンツ」について考えていきます。
それには、「どんな動画を見ているのか」と「どんな動画を見たいのか」という二つのデータを見比べるのがよさそうです。

早速、2つの表を見てみましょう。

どんな動画を見ているか

どんな動画を見たいか


表中のパーセンテージは動画を見たことがあるという方を母数にしての%となっています。(動画を見たことがある方全体=1564名)

「見たいコンテンツ」の設問は、持っていない端末でもチェックして良いということにしたので、全体的に%は高くなるだろうと思っていましたが、それを踏まえても大きく差が出ているものがいくつかありました。

「見ている人」より「見たい人」がかなり多いコンテンツ

  • 映画(PC、タブレットで大きな差)
  • ドラマ(PC、タブレットで大きな差)
  • 音楽(タブレットで大きな差)

映画・ドラマ・音楽を、PCやタブレットで見たい人が多いという結果がでました。

映画やドラマコンテンツは、HuluやdTV、NETFLIX、Amazonなどなど、大手の配信サービスが存在しているのに、見たいけれども見ていない人がそれなりにいるという事だと考えることができます。
良質なサイトは十分すぎるぐらいありますので、コンテンツ不足という事ではなさそうです。

ですので、これはほかの何かに納得していないから見ていないのではないでしょうか?

  • 視聴するための費用が高いと判断されている
  • 視聴環境が貧弱(大画面や高音質で見られない)
  • 国内コンテンツが少ない?
  • ちょっと様子を見ている

などなど考えられますが、別途調査をしないと確実なところはわかりません。
なにか知見をお持ちの方がいらっしゃったらぜひ教えてください。

気になるのは、スマートフォンでの視聴についてです。

全体的に、今見ている動画コンテンツとこれから見たい動画コンテンツの2つの%があまり変わりませんでした。
スマホ自体の普及はすさまじいものがあり、動画に関してもスマホに対応させるべき論がかなり目立ちます。
いろいろな情報に踊らされないためにも、実際のところは「そこまでスマホで動画を見たいと思っていない」のか、「すでに現状で満足」なのか、はたまたそうではないのか、この点はしっかりと考えていく必要がありそうです。
これについては次回もう少し掘り下げて考えてみます。

それから、これまで全く無視してきたと言って良い端末「タブレット」ですが、タブレットで動画を見たいと思っている方がそれなりに居るという結果が出ていました
PCの前に座り続けるのではなくて、ソファーや寝床でだらだらしながら見るのにちょうど良い大きさだからかな?というイメージです。
スマートフォンのように小さすぎないですからね。

さて、これから動画を使ったビジネスを始めるとした場合、どこを狙っていくといいでしょうか?

先ほどの表をみていただくと、それなりのニーズがあることがわかっていただけるかと思いますが、1つ言えるのは、学ぶ動画です。
映画やドラマなどの、大作・権利モノで動画ビジネスを行うのは非常にハードルが高いですが、何かを教えることができる人や法人であれば、そういった動画コンテンツを自前で作ることは比較的簡単です。

それに、何かを学ぶことにお金をはらうという文化は一般的です。課金のハードルを下げる1つの大きな要素ではないかと思います。

ソーシャルキャストをご利用のお客様にも、何かを教える動画を販売されたり、限定的に配信されたりしている方が多いです。

  • ヴォーカルレッスン
  • フィットネスプログラム
  • 予備校
  • 介護ノウハウ
  • 社会人向け資格講座

などなど、かなり多岐にわたるジャンルで、動画ビジネスを立ち上げていらっしゃいます。

ちょっと宣伝じみていますが、当社のソーシャルキャストであればランニングコストが安いというところと、販売マージンを一切取らないというところがあるので、動画販売事業の黒字化売り上げラインを低くできます。
こういった点でみなさまの動画販売に貢献できているのかもしれません。

我々は、日本の動画販売、動画活用を少しでも増やすことができればという考えのもと、大規模なお客様にも対応できるレベルのシステムを、小さいビジネスから開始されるお客様にも使っていただこうという意識を持って動いています。

東京オリンピックが開催される頃には、ソーシャルキャストを使って動画ビジネスを大成功させるお客様がたくさん出てくればいいなと思っています。


今回の記事のデータとしても利用した「インターネット動画関連の実態調査レポート」を配布しています。

  • 概要をまとめた資料
  • データ集

を同梱しています。

お役立てください!
ダウンロードページへ